So-net無料ブログ作成
検索選択

手術後24日目 [手術後]

手術後3週間が経過して、手術の傷等が治ってきているようで、いろいろと実感できるようになりました。

・血尿。
通常でも朝一の尿は、その日で一番濃い色になると思いますが、血尿も朝一が一番濃い色になっているように見えます。
ですが、ここ数日、朝一でも血の痕跡が全く無くなっている状況。
とりあえず、BCGまではこのままいけそうです。

トイレの回数。
先日も書いてますが、血尿が落ち着くと同時にトイレの回数が減ってきました。
特に夜に起きる回数が減るのはありがたい。
今朝は、手術後初めて朝まで起きませんでした。

・膀胱の痛み
手術直後でも、何もしていないときは「イタイ!」と思うような痛みはなく、「ちょっと熱く感じるなぁ」と思う程度でした。
今は、意識していないときは通常通りに戻っています。
(意識すると、少し熱い感じがあります)

ただ、排尿時の痛みは残っています。
こちらは、ケガのような痛みではなく、どちらかと言うと「ひどい筋肉痛」のイメージですが、
今は、筋肉痛が和らいできた感じです。

・尿道の痛み。
手術時の膀胱鏡だったり、入院中のカテーテルだったりで傷ができているのだと思いますが、
先週までは排尿時や椅子に座ったりしたときに痛みがありました。
いまは、排尿時に少し痛い程度です。

その他
入院中、カテーテルや点滴がつながっていたため、ほとんど動いていませんでした。
ですので、ちょっと運動機能(筋力、柔軟性)が落ちていましたが、概ねもどってきました。

お年寄りの方に多い病気ですが、お年寄りの場合は入院後に体力の復帰に時間がかかりそうな気がします。
なので、この点に関しては、お年寄りの方は特に注意が必要かも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手術後23日目 [手術後]

大出血から一週間経過しました。
もう、血尿を肉眼的に確認できないほどになりました。
それに、
排尿痛や膀胱の違和感(見えないのでハッキリとは判りませんが、たぶん膀胱の違和感)も、ここ数日で大幅に改善しています。

一番実感できるのはトイレの回数です。
相変わらず水分は多目に採ってますので、摂取量は変わっていませんが、トイレに行く回数が減っています。
手術直後の週に比べて、だいたい半分くらいです。
膀胱の容量が復活してきたのかも知れません。
手術前に比べると、まだ少し回数が多いですが、もう少しで元にもどりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手術後22日目 [手術後]

本日は血尿の気配は全くなくなりました。
色はもちろん、カサブタが出てくることもありません。
排尿痛はまだあるのですが、退院直後と比較して半分以下にはなっています。

一応、もらった止血薬が明日で切れるので、その後で変化が無ければ血は止まったと言えるのでは?


ところで、
休憩時間に近所の本屋に立ち寄ることが多いのですが、気になったので「膀胱がん」の関連書籍を探してみました。
「がん」を全般的に扱っている書籍内で「膀胱がん」を一部の記事として含んでいるものはありましたが、
「膀胱がん」を専門に扱った書籍は置いてませんでした。
(胃がんや肺がんは専門書が置いてありました)

もともと患者数が少ないですし、
近所に大病院があるわけでもなく、医療系の書籍自体が少ない店なので仕方ない。

まぁ、スマホで読める電子書籍の方が便利だからあまり影響ないか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ブログのこと [ブログについて]

症状や治療の報告ばかりもつまらないので、「ブログ」について思うことでも書いておこう。


「ブログ」はずいぶん前から存在していると思いますが、私自信がブログを書いたことはありません。
しかし、検索エンジンから調べ物をする際に、他の方のブログは参照させていただくことが多かったです。

私は、技術者ですのでおもに技術情報を入手するために検索しています。
中でも、ブログは、汎用的な情報ではなく、ケースバイケースな情報がほしい場合に大変有効です。

メーカーサイトやサポートサイトでは、多数のユーザーからニーズがあった情報を優先して掲載されてますので、重箱の隅をつつくような情報は期待できません。
ですが、
ブログの方は、逆に重箱の隅側の情報が多く、自分の案件に似た情報を探し当てるのが難しいですが、うまくいけば、「カユイところに手が届く」情報が得られます。

で、
今回の膀胱がんに関しても、入院手術、手術後に関して、
病院大学のサイトで、膀胱がんの一般的な症状や治療法などを知る。
・ブログで、いろんな方の細かい経験を知る。
というように使っています。

特に、今回のように病気の場合はブログから得た情報は大変役にたちました。
・入院生活にあった方が良いもの(「必要なもの」は病院HPとかに書いてますが)
・退院後に仕事復帰でトラブったこと。
など、公式HPには無い情報を得られて大変助かりました。


というわけで、
一方的に、みなさんから情報をいただくばかりなのは申し訳なく、
「私の情報もアップしておけば、もしかすると誰かの役にたつかも?」
と思い、初めてブログ書いてます。

がん確定(手術後21日目) [手術後]

本日は手術時に採取した細胞の検査結果が出る日です。

と言っても、
「ほぼ悪性腫瘍であることは間違いない」とさんざん言われていたので、悪性度合いを知るための検査です。

診察室に入ると、
先週、救急で診てもらった血尿の状況確認を軽くしたのち、
「やはり悪性でした」
「根っこは浅いのですが、悪性度は3です」
とのこと。

まぁ、予想はしていましたが、悪性度が最悪だったのは少々ショック

さっそくBCGの投薬治療を勧められました。
「膀胱がんは6割くらいが再発する」
「BCGでそれを減らせる可能性がある(といっても3~4割に下がる程度)」
とのこと。

「BCG投薬をやるかどうかはご自身で決めてください」
ということでしたが、「受けろ」と言わんばかりの言い方でしたし、特に断る理由もないので受けることにしました。
さっそく来週から開始することに(毎週火曜日で全6回の予定)

「投薬した日に仕事ってできますか?」
と聞いてみると、
「たぶんできると思います、ただし、頻繁にトイレにいくことになります」
「稀に高熱や関節痛が出ることがあるので、その時は申し出てください」
「回を重ねるごとに影響が強く出る傾向にある」
とのこと。

ひどい場合は早退するか....


ちなみに、血尿は本日もほとんどありませんでしたが、
よーくみると、血が混じっているような気がします。
摂取物や体調によって毎日変わるので完全に止まったかどうかはわからないですが、
とにかく、改善方向に向かっているのは確実です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手術後20日目 [手術後]

先週大騒ぎした血尿はほとんど色が無くなりました。
(もう、本人が注意しながら見てもわからない程度になってます)

たまーに、カサブタと思われるカケラがでてきますが、
それ以外は通常に戻ったようです。
(念のために水分摂取は通常時よりも1Lほど多くしています)

ただ、排尿時に膀胱が痛いのとカテーテルのキズが痛いのはあります。

明日は、診察でサンプルの検査結果が出る予定。
まぁ、悪性なの確定だと思うのですが、その悪性度が気になります。
(この辺の判定は、素人にはさっぱりわかりません)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手術後19日目 [手術後]

今日も血尿は落ち着いており、目で見る限り、通常の尿と違いがわからないレベルになった。

ただし、
排尿時には、先日の尿道カテーテル挿入時のキズが痛みます。
手術の傷も、膀胱が縮む際に痛むが、だいぶ慣れてきて気にならない)

どうやら、カサブタの定着には成功した模様。
このまま切除部分のキズがふさがってくれることを祈る。

今日一日は安静を継続するとして、明日からは少し体を動かしてみる。
と言っても、積極的にスポーツをするのではなく、通勤時に階段を使ってみたりするよてい。
(ヤバそうなら即中止で)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

安静(手術後18日目) [手術後]

通常、休日にはスポーツクラブへ行くのですが、さすがに出血を助長しそうなので手術後は控えてます。

きょうも、そういったことはせずおとなしくすることにしました。

ただ、買い物をするために自動車の運転を少ししました。

私のマイカーは、いまどき時代を逆行するマニュアル車で、左足でクラッチを切る動作が、すこしキズに響きます。

とくに渋滞で半クラッチを多用する場合は要注意でしたが、帰宅後にトイレに行っても特に異常はなく、ひと安心。

今日も血尿はおちついており、小さいカサブタ(ゼリー状ではなく、かなり固形化している)がパラっと出た程度でした。

このままのペースで回復しないかなぁ....
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うそのように止まった(手術後17日目) [手術後]

昨日、救急対応してもらって、血尿が落ち着きました。

しかも、
急速に改善し、あさの一回目はさすがに少し色がありましたが、
夜、寝る前にトイレに行った際はほぼ通常の色に戻りました。

症状が改善しない場合は、今日も通院するつもりでしたが必要ないっぽい。


なお、
今日は下記のようなことを気をつけてすごしました。

①できるだけ排尿時の出すスピードを遅くする。
②できるだけ座って排尿する。
③階段は使わない(使う場合は走らない)

術後2週間の経験で、こういったことに気をつけるとカサブタがはがれ難い気がしたので。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大出血!!(手術後16日目) [手術後]

昨日の夜から血尿がひどく、とくに昨夜最後のトイレは赤ワインレベルまで上昇。
これまで、赤みかかっている程度でしたが、徐々に真っ赤に....

「これは病院行かないと...」と思い、今朝起きて最初のトイレへ。
ところが、ほとんど色が無いレベルになっていた。
ちょっとイヤな感覚があるが、とりあえず会社へ行くことにしました。

で、会社に到着してトイレに行くとイヤな予感が的中。
ドバっと真っ赤なヤツが出ました。
間違いなく、これまでで最も赤いヤツです。
しかも、カサブタの量も多くそれが詰まって勢いが増し、
「ボコッ」っと噴出気味に出ました。

その後、4~5回トイレに行きましたが、赤色の濃さは変化なく、
これまでに比べてカサブタも多目に出ます。
しかも、明らかに毎回濃さが増しているので、さすがに不安になって病院に電話してみました。

「通常、術後2週間以上経って手術の痕から出血することはないので、感染症かもしれない」
トマトジュースのようなドロドロした感じになっているのならすぐ来てください、そうでないなら、様子をみて明日来てください」
とのことでした。
また、「血の塊が尿道を塞いでしまうことが一番マズイので水を飲んでください」とのこと。
実際、トマトジュース程ではなかったので、もう少し様子を見ることにし水を飲みまくりました。

で、次にトイレに行ったときに、さらに赤い状態でトマトジュース寸前の状態に...
さっそく病院に電話すると、時間外で救急対応してもらうことになり、会社を早退して病院に向かいました。

私は血小板(血を固める成分)が正常値下限の半分以下です(母、弟、祖母も同じ症状なので遺伝らしい)
過去に鼻の粘膜を切除する手術を受けたときも、通常一週間以内で退院できる手術でしたが、私の場合は20日もかかってしまったことがあります。
ですので、再入院も覚悟で...

病院に到着すると救急外来に案内されました。
看護師さんにトイレに行きたいと言うと検尿カップを渡された。
トイレに行くと、これまでの最大赤&固まりもボタボタ落ちるレベルまで増えてました。

カップを持って救急外来に戻り、体温と血圧を計測していると、
泌尿器科から先生が「いろいろ準備してきました」と両手にいろんな器具をもって登場。

膀胱洗浄を行うとのこと、
まず、尿道カテーテルを入れます。
手術後に腫れて入りずらい状態、何度か失敗したので少し出血。
5分くらい格闘して何とか入りましたが結構痛かった。

カテーテルの先に大きめ注射器を取り付け、
その注射器から洗浄液を注入→吸い出しを繰り返す。

自分からは見えないのですが、やはり血や血の塊が出ている模様。
ただ、「これなら問題なさそう」とのこと。
どうやら、本人が思うほど悪い状況ではないらしい。

また、
「かなり赤くても透けているなら問題ない」
「トマトジュースのように、ドロっと透けない場合はアウト」
「止血の薬を出しておきます」
「今日は水分を多く取ってください」
とのこと。

処方箋を出してもらい、目の前の薬局で止血薬を受け取って終了。


洗浄した意味あるのかな?
と思いましたが、その後は昨日までのような「血が混じる程度」に戻る。
これが、すごい不思議でした。
さっきまで、あんなに真っ赤だったのに....
しかも、夜には全く出ない状態に戻りました。
(洗浄液には止血効果もあるのだろうか?)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。